カンブリア宮殿のブルースタジオ流不動産再生術とリノベーション - ブログでナウ!

カンブリア宮殿のブルースタジオ流不動産再生術とリノベーション


スポンサードリンク

カンブリア宮殿でブルースタジオという会社が紹介されました。社のアピール曰く、「築40年の木造長屋が大人気住宅に!」。

古い物件を「家賃を倍」にするリフォーム手法(リノベーション)で活躍するブルースタジオという会社をカンブリア宮殿では、不動産再生集団として紹介しました。賃貸物件と言えば空室が増え続ける昨今、新発想の新築マンションでさえ同様な状況にあります。そんな中、ブルースタジオが手がけた、古い物件に付加価値を付けて再生した賃貸住宅が常時満室の人気を誇っていると言います。

ブルースタジオはそもそも、建築設計やグラフィックデザインを手がける会社ですが、彼らが今、手がけているのは、築30年や40年の古い物件に付加価値を付けて再生すること。そして、築40年の木造長屋を大人気住宅に変身させているというのです。そして、「古い建物を新築に建て直すのは時代遅れ!」だと言います。なお、ブルースタジオが手がけるこの手法のことを「リノベーション」と称するそうです。

ブルースタジオ流不動産再生術とリノベーション

リノベーションとは、筆者としては聞き慣れない言葉だったので調べてみたところ、古い物件(建物)を新しくすることではなく、物件の持ち味を生かすなどして「新たな付加価値を与える」ことを目的に、建物(古い物件)に大幅な改修を施すことだそうです。ただ、住居であれば住居としての付加価値を付けるということであって、事務所を住居にするような用途変更については、コンバージョンと言われて区別されるとのこと。また、リフォームとの明確な違いは定義されていないそうです。

このリノベーション、知る人ぞ知る付加価値再生の手法だそうで、単なるリフォームに飽き足らずチャレンジする人もいるそうです。ところが、中古物件の見定め方やプランのたて方など、古い物件に付加価値を生み出すプロセスはけっこう大変な道のり。その道のプロも存在し、コンサルティングも行われています。

リノベーションとは
http://allabout.co.jp/gm/gl/2555/

このような中、リノベーションのプロ中のプロであるのが、不動産再生集団とまで言われる、ブルースタジオです。古い物件の家賃を倍にするリノベーションを施し、ブルースタジオ流不動産再生術を世に知らしめているとのことです。

スポンサードリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プライバシーポリシー
Copyright © ブログでナウ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます