ネクタイケースの携帯 100均ダイソー・無印良品からブランド品まで - ブログでナウ!

ネクタイケースの携帯 100均ダイソー・無印良品からブランド品まで


スポンサードリンク

ネクタイケースなるものがあることを最近知りました。新幹線のホームでバッグの中から何かのケースを取り出した男性。そのケースの中からなんとネクタイを取り出しておもむろに首に装着していたのです。へえ・・ネクタイの専用ケースがあるんだ・・。後日そのときのかすかな感動を胸にウェブで検索してみたところ、「ネクタイケース」の名の下、しっかりと存在する立派な商品であることがわかりました。

それらの商品は主に、高級感のある革製(レザー)のものないしは携帯用ものに人気があり、商品名としてはバレノ シャツ&ネクタイケースなどの需要が見受けられました。値段の方はダイソーのネクタイケースという100円の最安値を皮切りに、無印良品にも人気があるようで、果ては、ヴィトンのネクタイケースなど、高価なブランドのネクタイケースまで様々です。

吉田カバンのネクタイケース

カンブリア宮殿でも紹介された吉田カバン店からもネクタイケースがリリースされていました。堅牢かつ実用重視でありながら所有欲をくすぐる国産ブランドを展開する吉田カバン店だけに、お値段はそこそこながら持って見たいという気にさせてくれます。

吉田カバンのネクタイケース「楽天市場」

ヴィトンのネクタイケース

100円ショップで買えるネクタイケースがあるかと思えば、ヴィトン(ルイヴィトン)のネクタイケースなどは、高いもので16万円もする代物があります。エルメスのペンケースにもうん万円のものがあるように、実用性を超越した価値を有する小物には所有欲を刺激するたまらない魅力があるようです。

ルイヴィトンのネクタイケース「楽天市場」

ネクタイキーパーはネクタイケースのこと?

妻にネクタイケースの存在を聞いてみたところ「ネクタイキーパーのこと?」と言い、その言葉自体は知りませんでした。なんでも知ってるを自認する彼女のこと。自分も知らなかったことから、やはりネクタイケース自体、知名度は低いのだとすることにしました。事実販売サイトなどでも商品カテゴリーにはあまり分類されてはいないようで旅行用品の中に携行ポーチと共に散見され、かろうじて「ネクタイ収納ケース」という近い名称があったりしました。

各種のネクタイケースの広告を見ると「男の必需品」「出張の必需品」とあり、トラベルグッズの分野に多く存在します。確かに、出先ではネクタイを付けたいけれどはじめからネクタイを付けていくのは嫌だという時がありましたが、そんな時はまるめてカバンに隅へ、というのが常でした。このような場合、ネクタイを付ける段階でやはりシワが気になり手で何回もネクタイを撫でたり伸ばしたりしていたものです。

自分に必要なのは、ネクタイを携行(携帯)するためのネクタイケースなわけですが、携行するためではなく、家で大切に保管するためのものもあります。このようなケースは円筒形の透明プラスチック製であったりします。円筒形であるのは、クルクル丸めて収納するタイプです。旅行用・携帯用のネクタイケースの場合、やはり革(レザー)製の長財布のようなつくりの折りたたみ式のものでしょう。

調べてみると、ネクタイハンガーなる商品もあり納得はしましたが商品が存在するとは思いませんでした。こちらは円筒形のネクタイケース同様、家での収納アイテムですが、円筒形のネクタイケースの中にも革製の携行用ネクタイケースがあり少々ややこしくなります。人により携行が可能であれば全て携行収納アイテムとなるのでこのへんは自由なのでありましょう。

かねてよりネクタイそのものデザインや出回る量の膨大さを認識してはいましたが、やはり、有名ファッションブランドでも必ずネクタイをリリースしている事実を改めて認識しました。ネクタイケースを持つのであれば、中に入れるネクタイも上質のものを揃えたいのは人情だと思います。

ネクタイの有名ファッションブランド

  • ダンヒル
  • グッチ
  • シャネル
  • エミリオプッチ
  • アルマーニ
  • セリーヌ
  • フェラガモ
  • ペイズリー
  • ポールスミス
  • カルバン・クライン
  • ヴィヴィアンウエストウッド

スポンサードリンク

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
プライバシーポリシー
Copyright © ブログでナウ! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます